お金借りたい【ブラック即日】事故情報信用情報の審査なし

お金を借りたいブラックでも即日に!消費者金融の事故情報や信用情報に関わらず審査を通しやすい業者で融資を得るには!?無料紹介所での成約率90%マッチング達成!お試し下さい。

消費者金融は基本的に専業主婦はNG

2017年08月24日 17時58分

専業主婦と消費者金融の相性は悪い


銀行カードローンは審査対象ですが、収入ゼロの専業主婦は消費者金融の審査対象にはならないのです。
 

大手銀行はOK、大手消費者金融はNG

銀行法では、限度額がある銀行カードローン審査で専業主婦は対応しています。
返済額が少ないことが条件ですが、大手消費者金融では一切審査対象にならないです。
大手消費者金融の限度額は年収3分の一になっています。
専業主婦はゼロの収入ですから、融資ができない。
納得の内容です。
ですから、厳しい審査の銀行カードローンに通らない専業主婦は、自分のカードローンを作ることができません。
 

特例の配偶者貸付制度

中小消費者金融は配偶者貸付制度があるところもあり、配偶者の総量規制が利用できる専業主婦は、キャッシングができます。
この時、配偶者の信用情報が肝心で、ブラックであるとたいてい審査落ちです。
東大医学部卒MIHOのサイトなどでも中小消費者金融の情報はありますが、専業主婦の対応は厳しいとあります。

それは収入がないので仕方のないことでしょう。
完済ができる方対象だからです。
配偶者貸付制度は夫の同意書が絶対に必要ですが、申込者は妻ですが、返済は夫ということです。

妻が返済することができない分、夫は知らないと言うのは配偶者貸付制度ではないのです。
ですから、内緒の配偶者貸付制度の利用はできないです。
同意書偽造などがバレたときには、一切のキャッシング停止と個人信用情報機関での金融事故情報になります。

しばらくブラックで、審査の甘い中小消費者金融の審査落ちすら続くと言います。
ちなみに中小消費者金融では無収入、延滞、虚偽申請などのブラックは審査通過ができないことが多いので、配偶者貸付制度なども正直に申請することが絶対条件です。
 

消費者金融で借りたい

みずほ銀行、イオン銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどは専業主婦も対応しています。
多分、ここで借りれない場合は、働くことをおすすめします。
正社員ではなく、パートやアルバイトでも大手消費者金融では借りることができます。
内緒のカードローンが欲しいというのもありですが、専業主婦を返上することで、キャッシング環境を大きく変えることができます。

その前にブラック情報の解決が先ですが、なんとか返済事故をしないことも大切です。
旦那に世話になりたくない、配偶者貸付制度なんて無理という方は、パートからでも始めましょう。
在宅ワークなどでも確定申告をすることで、収入証明が出れば、大手消費者金融の借入も可能です。
inserted by FC2 system