お金借りたい【ブラック即日】事故情報信用情報の審査なし

お金を借りたいブラックでも即日に!消費者金融の事故情報や信用情報に関わらず審査を通しやすい業者で融資を得るには!?無料紹介所での成約率90%マッチング達成!お試し下さい。

ブラックになっていたなんて知らなかった

2017年08月18日 12時07分

自分が知らないうちにブラックリストになっている事もある

 

申し込みブラック


これは立て続けに審査落ちが記録することを言います。
銀行カードローンや大手消費者金融は、審査が厳しいので簡単には審査通過はしません。
しかし、A銀行、C銀行とB大手消費者金融とすぐに申し込みを繰り返すことで、全て個人信用情報機関に記録されます。
短期間に申し込みをして審査落ちになってしまうことを申し込みブラックといい、この時から半年間はブラックリストの仲間入りになります。

大手消費者金融、銀行カードローンの借り入れができない状態です。
金融業者のトップページの簡易診断に関しては大丈夫です。
個人情報を入れないことで、個人信用情報機関の記録はならないのです。
 

虚偽申請

上記の申し込みブラックの時に、もう少し年収を上げようと高くして、申し込みをしたら審査通過ができることもあります。
しかし、あとで収入証明書などの提出で、虚偽の入力がわかれば、しばらくブラックリストになります。
怖いのは、数万円の違いで審査落ちになってしまうばかりではなく、キャッシングができない状態になります。

他社借入件数や借入額も同様で、申し込みの時に嘘の情報を入れることは、絶対しないで下さい。
収入が少ないと審査落ちと言うのは仕方のないことです。
虚偽で審査通過したとしても、バレた時が大きな罪になってしまいます。
 

勘違い

勘違いとは、返済だったり、延滞だったり、支払ったはずとか、1ヶ月遅れていたといううっかりミスの連続です。
これは、故意の延滞ではないと言うのは通用しないです。

例えば、消費者金融では返済日を選ぶことができる場合があります。
また30日周期ではなく、35日周期など返済しやすい環境にしている場合もありますが、自分で振込、引き落としにしても、返済日当時にお金が入らないことで、延滞の金融事故になることがあります。

これが、会社から連絡があり、すぐに返済をしたら良いのです。
1日とか2日の猶予はありますが、それも2回程度。
頻繁に続くようであれば、延滞の異動情報になり、なんと審査の甘い中小消費者金融でも借りられないと言う厳しい内容の金融事故です。

ローンカードなどもいきなりの使用中止になったり、全額返済の請求などがきます。
うっかりと言うのは人間ならあることですが、お金に関しては、気をつけなくてはならないことです。

申込書、収入、多重債務、などは緊張感をもって入力。
返済が早いくらいが良く、常に遅れないことを心がけましょう。
inserted by FC2 system