お金借りたい【ブラック即日】事故情報信用情報の審査なし

お金を借りたいブラックでも即日に!消費者金融の事故情報や信用情報に関わらず審査を通しやすい業者で融資を得るには!?無料紹介所での成約率90%マッチング達成!お試し下さい。

総量規制対象外のまとめローンについて

2017年08月19日 18時11分

大手消費者金融では、総量規制範囲内のキャッシングのみ可能


審査の甘い中小消費者金融も同様です。
ですから、年収3分の一以上の総量規制オーバーの借入をしたいといっても、消費者金融では無理です。
銀行カードローンは総量規制対象外ですが、既に消費者金融の借入がある状態での審査は、通らないことが多いです。

総量規制対象外の商品とは?

消費者金融では、総量規制対象外の金融商品としてまとめローンが存在します。
これは、多重債務者が1つのまとめローンに借り換えをするもので、その額が総量規制以上の借入金額になってもOKです。
年収以上は無理ですが、300万円の年収の総量規制は100万円。
まとめローンで100万円以上でも契約ができます。
 

まとめローンで借りる

まとめローンは、金融業者が多重債務の借入先ですべて完済し、その返済をする形と、キャッシングとして現金を与えて、自分で完済する形があります。
後者は、一時的ですが現金を手にすることができるのですが、ここで使い込みなどをしてしまうと、債務超過に恐れがあります。
完済した後の返済専用になる場合、現金は手にすることができません。

しかし、安全な多重債務解消と返済ができます。
貸金業法の例外として、証券貸付の形をとります。
住宅ローンなどと同じ扱いで、総量規制以上であり、フリーローンよりも低金利であるメリットは大きいですが、審査は難しいです。
 

中小消費者金融のまとめローン

また、まとめローンは審査の甘い中小消費者金融でも存在しますが、こちらの低金利は大手消費者金融よりも下げ幅が小さいです。
多重債務の内容が大手カードローン会社フリーローンの場合、まとめローンの方が金利が高くなってしまうこともあります。
借入金額は変わらなくても、金利が高いことで返済総額が多額になることもありますが、総量規制以上の借入ができる事になります。
 

まとめローンの選択は慎重に

他社借入金額が多い、借入件数が多いことで、審査に通らないことも懸念され、特に銀行のまとめローンは低金利ですが、なかなか契約ができないです。
一応申し込みをしてみると良いのですが、信用情報で借入状況が良くない、金融事故情報があるブラックの場合、まとめローンの契約はできないことが多いです。
 

最終的には債務整理

総量規制限度額まで利用してしまった場合には、やはり債務整理がおすすめです。
とりあえず、任意整理などで返済額の負担を小さくした上で、そこでどうしても借金の必要があるときには、中小消費者金融の申し込みをしてみて下さい。
金融業者によっては、任意整理や個人再生返済中の借入ができたりする場合もあります。
中小消費者金融のまとめローンで、返済が大変になってしまうより、この形の方が建設的です。
inserted by FC2 system