お金借りたい【ブラック即日】事故情報信用情報の審査なし

お金を借りたいブラックでも即日に!消費者金融の事故情報や信用情報に関わらず審査を通しやすい業者で融資を得るには!?無料紹介所での成約率90%マッチング達成!お試し下さい。

総量規制限度額前の審査落ち その理由は?

2017年08月19日 18時11分

金融機関の限度額は、消費者金融は大手も中小消費者金融も総量規制


また、銀行カードローンでは、最高年収の半分と言われています。
よって、銀行カードローンの方が多く借りられて、金利も低いキャッシングができます。
当然限度額以上の申し込みでは、審査落ちです。
 

限度額ギリギリの借入

一応、その方の限度額が最後まで使えるようになっています。
何度もキャッシングができるローンカードの場合、ATMの非引出しで可能になります。
ただし、まだ総量規制範囲内なのに借りれない事態に陥ることがあります。
ATMで断られるのですが、これはどうしてでしょう?
考えられることは、借金の仕方、借り方です。
  • 短期間に何回もたくさん借りる
  • 他社の契約、多重債務者
  • 延滞(他社も)
  • 個人信用情報機関で事故発見
などです。

何回も借りれるのですが、1ヶ月に何十万円とか、頻繁なATMもの借り方はブラックになります。
また、大手消費者金融の多重債務許容は、2社程度。
ある時3社目の契約と同時に借入額は少なくても、いきなりの審査落ちになってしまうことがあります。
そして、延滞をしてしまうと、総量規制無関係で借りれないです。
中小消費者金融でも延滞は危険な行為であり、借入金額に関わらず、借入状況が最悪と見なされ、金融事故である異動情報でつき、借りれないことになります。
 

消費者金融カードローン、意外に厳しい審査

こうした事から、カードローンの使い方には注意が必要です。
必ず、自分の総量規制は覚えておいて、多重債務には細心の注意を払うことです。
安易に無利息期間でのっかってしまうとか、簡単に借りる行為は繰り返さないことです。
総量規制と多重債務に関しても、まだ余裕があるではなく、他社借入件数がどうなるかで審査内容が変わります。
 

大手消費者金融がダメなら、一応中小消費者金融へ

中小消費者金融も総量規制と延滞には厳しい判断です。
多重債務は4件までOKのところが多いですが、当然総量規制範囲内でなければならないです。
貸金業法は絶対的な存在であり、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制に含まれるのでご注意を。
銀行カードローンの限度額は入りませんが、こちらも調子に乗って借りていると、信用情報のブラックが点灯します。
そして、自転車操業的な借り方は要注意です。
債務整理を含め、返済するために借りるのなら、キャッシングはしないことです。
そのような借り方も実は信用情報でバレバレで、審査落ちになります。
審査に落ちる前の債務整理、これがベストな形です。
inserted by FC2 system